腋臭の手術と脇脱毛について

腋臭を解消するには今なら手術をされることでしょう。
ただ腋臭手術を簡単にするといっても、それなりのリスクがあることを理解しておかなければいけません。

なぜ手術をしてまでリスクがあるのかについては確かに疑問も残るところではありますが、特に腋臭手術にはリスクがあること、手術をされる前にできること、軽度の腋臭なら手術は避けることなどが挙げられます。

つまりできれば手術をしない方法を見つけることがリスクを避けるべき行動ともいえます。
ちなみに腋臭手術にはどのような手術があるのかご存知でしょうか?

アポクリン腺を目視しながらひとつひとつ取り除いていく方法の剪除法があります。

これは脇の下を5センチほど切開して、それを目で確認しながらアポクリン腺を確実に取り除くことから効果的には非常に高くなってます。

注意したいのはやはり人が行ってることですので、必ずしも医師がすべてを取り除いてるとは限りません。

もしアポクリン腺が残されれば腋臭手術をした意味がなくなります。
皮下組織吸引法マイクロリムーブ法は美容整形で脂肪吸引のようにアポクリン腺を細いパイプで吸い取り除去していく方法です。

身体への負担はほとんどなく確実とも思える施術方法ではありますが、ただしこちらも目視ということになりますので、アポクリン腺を取り残してしまうことがありますから剪除法同様に注意しなければいけません。

超音波吸引法ではその名のとおり超音波を使用することで、アポクリン腺を破壊していく方法となります。

破壊されたアポクリン腺は吸引していくのですが、脇に小さな穴を開け細いパイプを通し超音波を出していきます。

ただこちらもやはりアポクリン腺を取り残してしまうことが考えられますので、先に述べた手術方法と同様のように思えますが、ただ広範囲ということもあり効果的にはかなり期待できる腋臭手術となっております。また傷口もほとんど気になることもありません。

そして最後に皮下組織削除法になりますが、こちらはかみそりの刃のような器具を利用してアポクリン腺を取り除きます。

皮膚を4センチほど切開して皮膚の表面をローラーで転がし取り除きますが、皮下組織ごと取り除くことから脇毛生えなくなる効果があります。

ただ傷口が黒く残ることが気になるところではありますが、何れにしても脇の脱毛には注意したいことが色々と分かったと思いますので、もしどうしても手術をされるのであれば注意を理解してから脇の脱毛をされてみてはいかがでしょうか。